補聴器外来

  毎週水曜日に予約制で行なっています。理研産業補聴器センターから迎えた認定補聴器技能士の資格を有した先生とタイアップして、患者さんに最適な補聴器を提案させていただきます。補聴器は貸し出しが可能であり、数回の微調整を要することが多いですが、長く付き合うためには必要な時間と思います。身体障害者手帳をお持ちの患者さんは、障害者自立支援法などにより自治体から補助が出る場合があります。
  最近では、早期に補聴器を装用することにより認知症の予防ができるといわれています。聞こえが良くなると、物事に積極的になり気持ちも前向きになり、脳の機能に良い影響を与えるものと推察されます。まずは、気軽にご相談ください。

2011年6月19日の中日新聞に掲載していただきました。

診療科目

耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科疾患全般に対応しています。

☆急性化膿性中耳炎

1歳から就学前の児童に、多くは感冒など急性の上気道炎に引き続いて発症します。(写真は小児急性中耳炎診療ガイドラインより引用)

☆滲出性中耳炎

中耳に滲出液が溜まり聞こえが悪くなったり、耳がつまった感じがします。飲み薬や処置で治らなければ、チューブを鼓室内に留置します。

☆急性副鼻腔炎

風邪のウイルスや細菌感染により、副鼻腔粘膜から汚い臭い鼻水が出ます。鼻づまり、頭痛、嗅覚障害などを引き起こします。蓄膿症と同じです。

☆逆流性食道炎

胃液が喉頭まで上がって来ると、のどの違和感、声枯れ、咳などの症状が現れます。食道粘膜がバレット上皮になると食道癌の危険が増えますから注意が必要です。

  • のどの異物感で来られた患者さん。
    喉頭後部に肉芽ができています。

  • プロトンポンプ阻害剤にて胃液の分泌を抑えて肉芽はほぼ焼失し、異物感も無くなりました。

  • 胃液の影響で食道バレット腺がんのリスクがあがるので注意です。

アレルギー科

主にスギ花粉症の診断・治療を行なっています。

その他

健康診断

喉頭癌や下咽頭癌の健診

細径喉頭ファイバースコープで検索します。(写真はオリンパス社のHPから引用)

予防接種

インフルエンザの予防接種を行なっています。

再診の方へ

受付順で診察させていただきます。

powered by crayon(クレヨン)